ハローワークや就職情報サイトを活用する就職活動
適性・就職に興味があり、適性・就職をたくさん知りたいと考えている人や、何からすればいいのか困っている方にいちおしの情報をお届けします。
ホームボタン

就職活動で仕事を得るための自己分析

適性 就職

もしも、希望の仕事に就職したいと考えているのであれば、自己分析をしっかりつくることです。
自己分析とは、一体、何をするものなのでしょう。
就職活動の準備に際しては、自己分析をしておくことが大事だといいます。
自己分析をすることで、自分のものの考え方や、価値観などが客観的に理解できます。
納得のいく就職活動をするためには自己分析がいいと言われてましたが、一体、自己分析とはどういった手順で行うのでしょうか。
今まで、自分にとって大きなイベントだと思ったことや、これまでの人生で印象深い出来事を書き出します。
そして、書いた内容を時間に沿って洗い直します。
時系列に沿って事件を並べ、一通り読みなおしてから、この出来事の中から気持ちが浮上した場面と、気持ちがへこんでいた場面を考えます。
一番気持ちが良かった局面ては、部活動で表彰されたことであるとか、一番へこんだときは部活でレギュラーになれなかった時で、しばらく別の趣味に没頭したとか、人によって色々なエピソードがあります。
自分の言動や行動を顧みた時に、無意識にしていたことが、仕事と関わりを持ちます。
何か一つの趣味に熱中することができるため、集中して物を組み立てる仕事などに適正があるのではないかという見方をしていきます。
自己分析をした結果、決めた仕事に就職することが、いいことなのかは、確認のしようがありません。
ですが、自分の性格を考えた時に、その仕事が合っていそうだという考え方は、見当違いではありません。
自己分析はとっかかりがつかみづらく、開始早々に行き詰まってしまう人もいますが、思いつくままに書いていっても構いません。
連想ゲームでもするつもりで、ちょっとしたことでも書き連ねていくといろいろ思い出せてきます。
自己分析を上手に使って、自分にはどんな仕事が合っているかを探していくことが、就職活動の糸口にもなるでしょう。

就職活動に役立つ求人情報サイトの種類

適性 就職

近年では、就職活動の手段として、就職サイトを活用しているという人は多いようです。
一口に就職サイトといっても、内容は色々です。
自分に必要な情報をいかに早めにキャッチできるかは、就職活動の成否を左右します。
この頃は、ジャンルを絞って求人情報を掲示しているような、就職サイトもあります。
新卒の求人を集めた就職サイトや、第二新卒を対象とした就職サイト、中途採用者を対象にした就職サイトなどです。
新卒者のための就職サイトでは、就職活動に対する基本的な知識や、社会人としてのマナーなどが書かれています。
学生にとって未経験の分野である、社会人としてのやり取りの基礎や、服装についての心構えなど、初歩の知識を得ることができます。
これに対して、既に社会人を数年経験した人用の就職サイトでは、職務経歴書の書き方や、転職活動時の志望動機の書き方などが紹介されています。
履歴書情報を登録しておくと、会社から声がかかるスカウト制のあるサイトもあります。
オファーの制度を利用すると、働きながらの仕事探しが効率的にできます。
就職サイトの中には、ある業種だけの求人のサイトもあります。
海外での仕事を希望する人の就職サイト、医療従事者のための就職サイト、金融関係の就職サイトなど、既に希望の業種が決まっている人にとっては使いやすいものです。
デザイナーなり、医療従事者なりといっても、個々の仕事の内容は幅広いものです。
業種ごとの専門サイトを使うこどて、希望の仕事への絞り込みがしやすくなるでしょう。
海外での仕事に憧れる人も多いですが、語学や、ピザの絡みなどで知っておかなければならない知識も多く、そういう点ても就職サイトは役立ちます。
希望する就職先をイメージしながら、就職サイトを選ぶといいでしょう。

就職活動を進める方法について

滞りなく就職活動を行うためには、どんなことをする予定なのかを調べておくことです。
会社説明会のアポイントと、資料請求の手続きが、就職活動の最初のステップです。
合同説明会と、企業説明会は、似ているように見えますが、実は違います。
合同説明会は予約なくても参加できるところが多く、いくつかの企業が一堂に会する場です。
個別で行われる企業説明会は、予約をしてから行くものです。
定員オーバーで予約ができないということもありますので、要注意です。
会社の説明会といいつつも、筆記試験も同じ日に行われるという日程で採用活動を行う企業もあります。
簡単な受け答えができるように、自己PRや、志望動機などの構想はつくっておく必要があります。
テーマを決めて文章を書いたり、一般常識試験を行うこともあります。
一般常識の問題集を使ってみたり、新聞を日頃から読んでおくことで、筆記試験の対策になります。
企業によっては、適性検査を行うところもあります。
その場しのぎの答えを書くと、つじつまが合わなくなることがあります。
無事に筆記試験をクリアすると、面接です。
面接は就職活動の要であり、ここを突破しなければ、採用されることは決してありません。
面接対策をきちんとしておくことで、就職活動を無事に成功させることができるかが決まります。
採用面接を無事に突破することで、晴れて採用内定がもらえます。
企業から内定をもらったら、就職を決めるかどうかを考え、就職することに決めた時点で、就職活動は無事に終わったことになります。

就職活動対策に自己分析を

就職活動において採用がされるかされないかは、きちんと対策をするかどうかにかかっています。
就職活動の状況は、1990年代後半にバブル経済が崩壊したときから一転、売り手市場から買い手市場となってしまいました。
バブル崩壊の影響は現在においても影を落としており、就職活動で大変な思いをしている人は多いようです。
きちんと就職活動の対策をしなければ、よい結果を出すことはできません。
就職活動対策で重要なことは、まず自己分析です。
自己分析とは、自分自身を分析することです。
これからどんな人間になっていきたいのか、自分がどのような経験をしてきたのか、今どんなことができるのかをしっかりと見つめ直しましょう。
しっかりと自己分析を行えば、もう一度自分のアピールポイントを見直すことができます。
必ず就職活動では面接を受けることになりますが、自らの長所や短所など、どのように自分のことをとらているかが多くの面接において問われるでしょう。
あらかじめ自己分析をしておくことが、面接対策につながります。
丁寧に自己分析をすると、志望動機を絞り込むことも可能です。
面接時にも、自分にとっても、どうしてその業種で仕事をしたいのか、その会社に入りたいのかは主題ではないでしょうか。
就職活動とは、いわば自分のことを他人に伝える活動です。
自己をきちんと分析し、理解し、文章化するというの、就職活動の対策においては大事なプロセスです。

就職試験の適性検査とは

就職活動では、適性検査を行う企業もあるようです。
適性検査の結果を、就職採用試験の判断につながげる会社もありますが、実際にどんなやり方かは差があります。
どの方面に適正があるかを確認したいかは、会社の方針によって違います。
心理検査という、心理学を利用してつくられた検査もあります。
検査内容は、大まかにいって能力、学力、性格、知識、パーソナリティなどです。
パーソナリティ検査は能力を含む個性を測定する検査で、多くの場合性格的側面を測定する適性検査です。
その人の考え方や感じ方を大まかに把握するだけでなく、ある業種に対する適正があるかどうかなども、適性検査で調べられます。
企業が就職採用に関して適性検査を行う背景には、企業ごとの思惑があります。
どの程度参考にするのかも違いますし、どんなことを知りたいと思っているかも違いがあるようです。
就職活動をしている時に受ける機会が多い適正検査といえばSPI2です。
どこかで経験することになるということは知っておきましょう。
適正検査は、適正テストと能力テストとがあります。
どんな内容かを調べておことで、さほど迷わずに答えられることでしょう。
あえて模範解答ばかりを狙いにいくのではなく、適正検査では思ったままに答えて、ごまかさないようにするといいでしょう。
印象を良くしようと考えと違う回答をすると矛盾点が出てしまうのです。
能力テストは問題集を繰り返し説き練習しておけば解けるでしょう。
就職活動がうまくいくように、適性試験はきちんと受けることが大事です。

就職と職業適性検査

適正検査は、どんな職業につきたいのか希望を決める時にも役立ちます。
仕事を選ぶ時は、どんな仕事につきたいと思っているかや、どんな仕事が自分に合うかに基づいて決めるものです。
希望の職種を決める手がかりは色々ありますが、自己分析を参照して決めるという人もいます。
適正検査では、その人がどんな個性や能力を持っているかを客観的にまとめて数字で表していきます。
データをさまざまな職種の人間に対して行った検査の統計と照らし合わせて個人の検査結果と一致するものを探すことによって適性を測定します。
どういった業種に適正があるかを、適正検査では知ることができます。
適正検査の内容をうのみにするのではなく、自己分析の手かがりに利用することがおすすめです。
適正検査を受けたことがきっかけになって、自分の中の性質を理解できるようになったりもします。
就職先を決定し、納得のいく働き方をするためにも、就職活動時の自己分析は非常に重要なものです。
適正検査を受けて、自己分析の手がかりにすることは、非常に効果的なことです。
今まで特に意識していなかったけれど、適正検査が契機になって関心を持てた業種もあるでしょう。
自分の性質がどのような職業に受け入れられやすいのかを知り、広い視野で就職活動をすることができます。
適正検査を受けて、自己分析に活用することによって、就職活動も新たな局面が開けることでしょう。

就職活動と適性検査

就職活動をする時には、どんな仕事につきたいかか大事です。
それを決める手がかりになるのが適正検査の結果です。
とはいえ、向いている職業が何かというテーマは、案外と答えが出ないものです。
情報を集めてどんな職業があるかを知ったり、会社訪問によって企業の雰囲気を確認するなどします。
どういった職業であれば自分の能力は生かせるのかを自覚することも必要になります。
どんな業種に自分が向いているか知るきっかけとして、適正検査は役に立ちます。
適性検査は就職活動の際に仕事を決める大切なものになるので信頼できるもの受けたほうが良いといえます。
適性検査の方法として様々なものがあります。
高校生から社会人にまで広くあてはまる適正検査に、総合適職発見プログラム(R-CAP)があります。
検査を受けた人の個性、もの感じ方、考え方、好みなど、多様な角度からのアプローチで適性を分析していきます。
R-CAPの裏づけとなるのは社会人2万人ぶんのデータで、大学生の適性を判断します。
自分に対する理解がより深くなることで、適正検査は希望の企業探しだけでなく、就職活動対策にも役立ちます。
自己PRの訓練として、R-CAPストレングスという方法を使うこともできます。
自分にはどんな良さがあるかを検査から見出すものです。
実際に就職活動でアピールするための訓練になります。
就職活動では鍵を握る自己PR力を底上げするために、適性検査を受けて自分のいいところを確認するというものです。

▲ Page Top

Copyright (C) 2018 ハローワークや就職情報サイトを活用する就職活動 All Rights Reserved.